頑固なシミが消えたのは正しい洗顔でした

40年も前の体験で恐縮ですが、20代の頃頑固なシミが出来ました。そして、当時使っていた化粧品のメーカーの販売員の人にシミ取り化粧水を勧められ、シミを治したいばかりに、一生懸命にそのシミ取り化粧水でケアをしていましたが、一向に消えませんでした。

その化粧品のメーカーは今も存在していますが、ほとんど名前が聞かれなくなっています。

 

しかし、40年も前のそのメーカーはテレビドラマのスポンサーになる他、盛んにテレビCMを流したり、かなり売れていた化粧品のメーカーです。
販売員の女性に勧められたシミ取り化粧水をつけてもなかなか消えないでいた時に、久しぶりに会った中学の同級生に「どうしたの、そのシミ?」と、驚かれました。

 

同級生に、○○化粧品のシミ取り化粧水をつけても治らないことを話したのですが、驚いたことに友人が「やはり」というのです。

 

友人の話によると、友人の会社の先輩が私と同じメーカーの化粧品を使っていて、私と同じようにシミができそのメーカーのシミ取り化粧水を使っていたそうです。
友人の先輩が色々な人の話から知ったのは、その化粧品のメーカーを使っていてシミになった人が多いという事でした。
そして、私の友人は「だいたいがシミ取り化粧水なんて、他の化粧品のメーカーにはなく、そのメーカーだけあるなんておかしわよ。」というのです。
シミしわ5

やはり化粧品が悪かったのかと納得して、化粧品のメーカーを変えました。

 

メーカーを変えて半年ほどたったころから徐々にシミが消えてきて、1年経つ頃にはすっかり消えました。
シミとは別に当時「化粧品やけ」の女性も多くちょっとした話題になったものですが、化粧品やけとも、脂やけとも言われる脂っぽく黒ずむその症状は、洗顔剤の悪さが影響していることがわかりました。

 

その頃は洗顔クリームが主流でしたが、洗顔クリームは化粧品はキレイに落とせても殺菌力がないので、長い間使用しているうちにだんだん肌黒ずんでくるようです。
化粧品によるシミで悩んだ私には、化粧品選びの大切さが身に染みていたので、洗顔オイルを使用するようになりました。
美容室を経営している知人に勧められた洗顔オイルで、当時もかなり高額でしたが、勧められた洗顔オイルは使った瞬間から違いを感じました。

 

今でもその洗顔オイルを利用していて、洗顔オイルが効いたのだと思いますが、未だにほとんどシワのない肌に、周りの人に驚かれています。
洗顔は基本中の基本です。洗顔剤は特に選んで使用することをおススメします。

 

しわ・シミ・たるみを効果的にケアできる商品について